パラディーアローム エッセンシャルオイル

  ロゴ home

2 zu
 

                       
0  

アロマテラピーとはハーブなどの 植物から抽出したエッセンシャル オイル(精油)を使って、

心身の 不調を整える療法のことです。

ヨーロッパでは補助的医療の一環 として使われていますし、これから 世界各国の医療機関でも、ますます 研究され、医学に役立つことでしょう。

アロマテラピーはいろいろな使い方が出来ます。しかしアロマテラピー という言葉はわかっていても、どのように取り入れて良いのか、初ての方はとまどうかも知れません。

まず、香りを嗅いでみましょう。 お好きな香りを見つけてください。

心と身体に心地良くアプローチで きるリラクゼーションを是非体験 してください。

それからはあなたの ライフスタイルにかかせないものになるでしょう。

   
1    
2    
3    
4    

5

 

               
labo パラディーアロームのエッセンシャルオイル(精油)は、自然療法に基づいて、 安全かつ効果的に精油を使用していただくため、フランスの医療に使用されている「純粋・ 自然・完全100%」の厳選されたピュアなものを取り扱っております。
                   
     
 

エッセンシャルオイルの利用法

・ 芳香浴 その日の症状や気分でエッセンシャルオイルを選び、4~5滴バスタブに入れ、よくかき混ぜて入浴。 肌に浸透するオイルの働きと広がる香りで、心身ともにリラックス。手浴・足浴も効果的です。

・ マッサージ  マッサージ自体の効果に加え、皮膚からオイルの薬効が浸透し、症状を良くしてくれます。 精油を植物油に混ぜて、不快の原因になっている部分を中心にマッサージしましょう。

・ 芳香器  最近ではお部屋に香りを広げる芳香器もたくさん出回っています。お気に入りの芳香器を見つけて、 お部屋に香りを広げてみましょう。精油のリラックス、安眠効果、殺菌効果でまるで森の中に いるようにリフレッシュします。

・ ルームスプレー  20ccの無水エタノール(薬局で購入できます)にお気に入りの精油を15~20滴程度混ぜて、 30ccのきれいなお水で割れば、ルームスプレーの出来上がり。いやな匂いのする所に。

エッセンシャルオイル(精油)を使用する際の注意点

・ エッセンシャルオイルは必ず希釈(3%以下がおすすめです)してご使用ください。 (精油は植物の有効成分を濃縮して作られたものなので、直接お肌に塗布しないでください。)

・ お子様やお年寄りは、通常大人の使用する量の半分以下の濃度でご使用ください。

・ エッセンシャルオイルは内服しないでください。

・ エッセンシャルオイルを皮膚に塗布する場合は、パッチテストをおすすめします。 (パッチテストは前腕内側に精油を塗布し、30分後に判定します。かゆみに伴う湿疹などが出ればアレルギーがあるということです。

・ 保存は直射日光、湿気の多い場所、寒暖の差のはげしい場所をさけましょう。

・ 柑橘系(レモン、グレープフルーツ、オレンジなど)のエッセンシャルオイルは冷蔵庫に保管してください。

・ エッセンシャルオイルの保存期間は、柑橘系のエッセンシャルオイルで半年以内(冷蔵庫保管)、 その他のエッセンシャルオイルで1年以内に使いきっていただくのがベストです。 ただ、その期限内でも使っているうちに香りが変わってきたら精油の品質が落ちてきているので、ご使用をお避けください。

・ 小さなお子様があやまって内服すると危険なので、しっかり栓をして手の届かないところに保管しましょう。

 
     


 

   
logo     ■本社所在地  〒850-0902 長崎市丸山町7-1 池下ビル2F パラディーアローム ℡095-829-2345